ウィッチャーⅢ 炎の洗礼

人気RPG「ウィッチャー」シリーズの原作小説 第3巻「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」のページです。小説とゲームの両方に共通で登場する人物やエピソードなどをまとめています。

概要・みどころ

「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」はポーランドの人気作家アンドレイ・サプコフスキが描く、全5巻におよぶ大長編ファンタジー小説「ウィッチャー」サーガの第3巻です。

ご存じのとおり、人気RPG「ウィッチャー」シリーズの原作にあたり、非常に大勢の個性的なキャラクターが登場し、複雑に絡み合う、重厚で深みのあるストーリーが魅力の大傑作小説です。

心強い仲間たちとの出会い

「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」では、前巻「ウィッチャーⅡ 屈辱の刻」で発生したサネッド事件で重傷を負ったゲラルトが、ブロキロンの森で木の精の庇護を受け療養した後、シリ探しに旅立ちます。

そんな中、ゲーム版ウィッチャー3でもゲラルトの親友として登場し大活躍する、ゾルタンや吸血鬼のレジスといった人物と出会います。また、非常に優れた弓使いであるミルヴァという魅力的な女性も仲間に加わります。

仲間たちと助け合いながら賑やかに旅を進めますが、お約束のように各地で色々な出来事に巻き込まれます。

女魔術師会

「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」では、ゲーム版ウィッチャー3で大活躍する女魔術師会が結成され、活動開始するところが描かれます。

前巻「ウィッチャーⅡ 屈辱の刻」のサネッド事件の折、イェネファーはシリを娘と呼び、養母になることを決心しましたが、途端にシリを失ってしまいました。また、イェネファー自身も囚われの身となってしまっています。

自責の念にかられるイェネファーの心の中は、女魔術師会のことなんかよりも、シリを探さなければいけない想いでいっぱいです。そんな中、同じく女魔術師会のメンバーであるフリンギラから、とあるヒントを得ます。

「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」では、娘を探す父親ゲラルトに加え、娘を探す母親イェネファーの旅もはじまります。ゲラルト、イェネファー、そして彷徨うシリの3人の視点でカメラがめまぐるしく切り替わりながら、躍動的にストーリーが展開していきます。

ウィッチャーIII 炎の洗礼 (ハヤカワ文庫FT)
早川書房
¥1,100(2023/02/09 07:27時点)

ゲーム版と共通の登場人物

本項ではゲーム版ウィッチャー3と第3巻「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」に共通で登場する人物についてまとめています。原作小説を読むことで、ゲーム版ではわからなかった部分のエピソードを含め、広く知ることが出来ます。

ゲラルト ウィッチャー原作小説

ゲラルト

レギュラー登場 ウィッチャー

白狼の名で知られるウィッチャー

シリ ウィッチャー原作小説

シリ

レギュラー登場

シントラの故キャランセ女王の孫娘

イェネファー ウィッチャー原作小説

イェネファー

レギュラー登場 女魔術師会 ロマンス

女魔法使い。ゲラルトのかつての恋人(2巻からは「ゲラルトの恋人」に表記が変わる)

ダンディリオン ウィッチャー原作小説

ダンディリオン

レギュラー登場

吟遊詩人

トリス ウィッチャー原作小説

トリス

レギュラー登場 女魔術師会 ロマンス

女魔法使い

フィリパ ウィッチャー原作小説

フィリパ

レギュラー登場 女魔術師会

レダニアのヴィジミル王に仕える女魔法使い

ディクストラ ウィッチャー原作小説

ディクストラ

レギュラー登場

レダニア国の諜報部長

アイセングリム・フルチアーナ ウィッチャー原作小説

アイセングリム・フルチアーナ

スコイア=テル(リス団)の伝説の司令官。ウィッチャー3ではニルフガード帝国カードに登場

アイダ ウィッチャー原作小説

アイダ

女魔術師会

エルフの女魔法使い

アシーレ・ヴァル・アナヒッド ウィッチャー原作小説

アシーレ・ヴァル・アナヒッド

女魔術師会

ニルフガード帝国の女魔法使い。ウィッチャー3ではニルフガード帝国カードに登場

エイスネ ウィッチャー原作小説

エイスネ

小説内ではイースネ。ブロキロンの森を統べる木の精。ウィッチャー3ではスコイア=テルカードに登場

カヒル・マー・ディフリン・エプ・シラク ウィッチャー原作小説

カヒル・マー・ディフリン・エプ・シラク

準レギュラー

黒い羽根つき兜の騎士。ニルフガード皇帝の執事長の息子。ウィッチャー3ではニルフガード帝国カードに登場

キーラ・メッツ ウィッチャー原作小説

キーラ・メッツ

女魔術師会

テメリアのフォルテスト王に仕える女魔法使い

サブリナ・グレヴィッシグ ウィッチャー原作小説

サブリナ・グレヴィッシグ

女魔術師会

ケイドウェンのヘンセルト王に仕える女魔法使い。ウィッチャー3では北方諸国カードに登場

シラード・フィッツ・エスターレン ウィッチャー原作小説

シラード・フィッツ・エスターレン

ニルフガード帝国の大使。ウィッチャー3ではニルフガード帝国カードに登場

シレ・ド・タンサーヴィル ウィッチャー原作小説

シレ・ド・タンサーヴィル

女魔術師会

小説内ではシーラ・ド・タンカーヴィレ。女魔法使い。ウィッチャー3では北方諸国カードに登場

ゾルタン ウィッチャー原作小説

ゾルタン

ドワーフ。ウィッチャー3ケィア・モルヘンの戦いに参戦

フランチェスカ・フィンダベア ウィッチャー原作小説

フランチェスカ・フィンダベア

女魔術師会

谷間のヒナギクの名を持つエルフの女魔法使いで花の谷の女王。ウィッチャー3ではスコイア=テルカードに登場

フリンギラ ウィッチャー原作小説

フリンギラ

女魔術師会 ロマンス

ニルフガード帝国の女魔法使い

マルガリータ ウィッチャー原作小説

マルガリータ

女魔術師会

女魔法使い。魔法学校の校長

ミルヴァ ウィッチャー原作小説

ミルヴァ

準レギュラー

本名マリア・バリング。弓の名手。ブロキロンの木の精の協力者。ウィッチャー3ではスコイア=テルカードに登場

モーテイセン ウィッチャー原作小説

モーテイセン

小説内ではモータイセン。カヒルのかつての同僚。ウィッチャー3ではニルフガード帝国カードに登場

レジス ウィッチャー原作小説

レジス

準レギュラー

理髪外科医。吸血鬼

Lore・エピソード

古き血脈の子

古き血脈の子」では、パリ・ギャップ・コーストにあるアヴァラックの研究所を調べに行きますが、研究室の壁にララ・ドレンから始まる詳細な家系図が掲げられています。

しかし、ゲーム内ではその家系図に書かれている文字までははっきり見えず、ララ・ドレンがどれで、シリがどこにいるのかすらよくわかりません。

これを詳しく知ることができるのが「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」です。遺伝因子がどのように作用したときに特殊な能力が出現するのかについても、赤リンゴ、青リンゴ、ザクロを使って詳しく説明されており、深く理解することができます。

また「ウィッチャーⅢ 炎の洗礼」の巻末には、翻訳家の川野靖子先生が作成された家系図が付録されています。ララ・ドレン、シリ、キャランセ女王をはじめ、非常に多くの人名が出てくるため、文章だけだとこんがらがってしまいますから、とてもありがたい資料です。

ウィッチャーIII 炎の洗礼 (ハヤカワ文庫FT)
早川書房
¥1,100(2023/02/09 07:27時点)