《ウィッチャー3 攻略》ウルフへジン のページ。呪縛生物に分類される怪物 ウルフへジン についての概要と、有効なオイル爆薬霊薬、大百科・怪物図鑑をまとめています。

概要

ウルフへジン ウィッチャー3 攻略 怪物

分類 呪縛生物
有効なオイル 呪縛生物のオイル
有効な イグニ
有効な爆薬 月の粉, 悪魔のホコリタケ
有効な霊薬 なし

ウルフへジン(Ulfhedinn)は、呪縛生物に分類される怪物です。「Call of the Wild」と「狼の皮をかぶって」の2クエストにのみ登場します。

ウルフへジンは人狼の亜種で、より強力であると怪物図鑑に記載されています。但し、実際のところ人狼とウルフヘジンの違いを特に感じることはないでしょう。ウルフヘジンの方は瀕死になるとより凶悪になり、お供のを呼び出す点、またウルフヘジンはスケリッジにしか居ないという点が相違点ですが、結局のところ人狼もウルフヘジンも同じくらい手強く、ゲラルトとのレベル差次第になってきます。

人狼もウルフヘジンも恐るべき再生能力があり、叩いても叩いても、どんどんHPが回復していきます。無理してレベルが高い個体と対戦した時には、与ダメージよりもHPの再生能力の方が勝ってしまい、一向に対戦が終わらないような泥沼状態になることもありえます。

ウルフへジンとの対戦においては弱点であるイグニを活用しましょう。また、レベル差やプレイ難易度などから被ダメージが厳しい場合はクエン防御徹底すると同時に、爆薬悪魔のホコリタケ」の活用を検討下さい。悪魔のホコリタケの毒ダメージにより、ウルフへジンの再生能力を抑えることが可能です。

関連クエスト

狼の皮をかぶって[Side]

狼の皮をかぶって」に登場するモークヴァーグは、クエスト中は「人狼」と表記されることが多いですがウルフヘジンです。

Call of the Wild[Side]

Call of the Wild」にて、白狼に混ざって登場する「人狼」はウルフヘジンです。

大百科・怪物図鑑[怪物一覧]
注意事項:プレイしたルートによっては記載内容が変化する場合があります

「ウルフヘジン? なんだそれは。魚の種類か?」

ーーアーティバス・ヨアネス・ラック博士、地理学者、スケリッジでの調査旅行中に失踪

ウルフヘジンはスケリッジで目にすることが多い人狼の種類だ。奴らが主に人間を狩り、他の大陸にいる種類よりも強いのは、島の何も育たない過酷な環境に起因しているのかもしれない。齢を重ねたウルフヘジンは特に危険で、ヴォレフと呼ばれる。これまでのスケリッジの歴史の中でもウルフヘジンを倒そうとした勇敢な戦士は数えるほどしかいないが、そのいずれも物語で英雄として歌われている。

人狼同様、ウルフヘジンやヴォレフも夜、特に満月を迎えた時に行動が活発化する。機敏で強く、目を見張る速さで回復するこの怪物は、いともたやすく獲物を仕留める。奴らと戦うなら、銀の剣と<悪魔のホコリタケ>が必要となるだろう。また瀕死のウルフヘジンはより危険性が増し、より激しく襲ってくる上にを援護に呼び寄せる。

ウィッチャー3攻略TOP(総合目次)

ウィッチャー3総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket