《ウィッチャー3 攻略》ニルフガード皇帝から贈られたシェルマール のページ。遺存種に分類される怪物 ニルフガード皇帝から贈られたシェルマール についての概要と、有効なオイル爆薬霊薬、大百科・怪物図鑑をまとめています。

概要

ニルフガード皇帝から贈られたシェルマール ウィッチャー3 攻略 怪物

分類 遺存種
有効なオイル 遺存種のオイル
有効な アード
有効な爆薬 サマム
有効な霊薬 なし

ニルフガード皇帝から贈られたシェルマール(Shaelmaar from the Emperor of Nilfgaard)は、遺存種に分類される怪物で、シェルマールの亜種です。

トゥサンの怪物」の進行中、トーナメント会場(map)内にあるアリーナで発生するシェルマール戦で発生する個体を指して「ニルフガード皇帝から贈られたシェルマール」と呼称しています。

ニルフガード皇帝から贈られたシェルマールはつまりのところシェルマールですので、特性や戦闘スタイルもシェルマールと同内容です。

非常に堅く、その攻撃も強力ですが、基本的にあまり賢くない戦い方をしてきます。回転して突進してきたのを避けてかわせば壁に激突しひっくり返るので、そこを攻撃するのが効率的です。

また、アードでよろめきます。アード、斬りつける、アード、斬りつけると繰り返すことで、与えられるダメージは少ないものの、ハメることが可能です。

体力が減ってくると、戦い方を変えて来て、より凶暴になりますので注意しましょう。

関連クエスト

トゥサンの怪物[DLC血塗られた美酒][メインクエスト]

ニルフガード皇帝から贈られたシェルマールは「トゥサンの怪物」の進行中、トーナメント会場(map)内にあるアリーナで発生するシェルマール戦の対戦相手である個体のことです。

大百科・怪物図鑑[怪物一覧]
注意事項:プレイしたルートによっては記載内容が変化する場合があります

巨大な闘技場で行われる剣闘士の戦いは、ニルフガードでは人気の娯楽である。通常は闘技場専用に育成された奴隷同士が戦うが、時には闘技場の主が人間と怪物の戦いを企画することがある。

トーナメント会場でゲラルトが戦うことになったシェルマールは、皇帝から親戚であるアンナ・ヘンリエッタ公爵への贈り物だった。幼い頃に捕らえられ、闘技場で使うためにニルフガードの調教師が訓練していた個体だ。だからといって、飼い馴らされていたわけではない。それどころか、怪物の野生と生来の凶暴さはほんの少しも失われてはいなかった。シェルマールという種は皆そうだが、目は見えないものの音波の反響によって敵の位置を極めて正確に知ることができたし、その分厚い装甲に守られた皮膚はあらゆる武器を通さないように思われた。また、球のように丸まって敵に体当りする技も持っていた。ただし、その下腹部は比較的弱く、攻撃が失敗するとその弱点が無防備になるのだった。

最終的に、長く困難な戦いを制したのはゲラルトだった。彼がシェルマールを倒したのを見て、公爵は観客席からとどめを刺すように叫んだが、彼はそれを拒んだ。観客を喜ばすだけのために一つの命を奪いたくなかったのだ。

ウィッチャー3攻略TOP(総合目次)

ウィッチャー3総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket