《ウィッチャー3 攻略》ノヴィグラドの火葬 のページ。メインストーリーに関連するクエスト「ノヴィグラドの火葬」について概要、推奨レベル、報酬、先行クエスト、後続クエストなどの攻略情報をまとめています。

概要
推奨レベル:10 報酬:腐った果樹園入り口でアクスィー成功40exp, 腐った果樹園に入った100exp, クエスト完了時200exp

ウィッチャー3 攻略 ノヴィグラドの火葬

メインクエスト「ノヴィグラドの火葬(Pyres of Novigrad)」は、ノヴィグラド地域でのシリ捜索の最初のクエストです。かつての恋人であるトリスと再会を果たします。

トリスはゲラルトがワイルドハントから逃れて記憶喪失状態だった時に助けてくれた恩人でもあり、ゲラルトにとって非常に大切な人です。本作のメインストーリーのヒロインの1人になります。

その後徐々にゲラルトは記憶を取り戻していき、記憶喪失前の恋人であり、本作のメインストーリーのもう1人のヒロインであるイェネファーのことも思い出してしまいます。

この辺りが前作(ウィッチャー、ウィッチャー2)の内容になってきます。

トリスとの会話の内容は初回プレイではピンとこないかも知れませんが、物語背景に関するエピソードが多く含まれています。2周目以降の周回プレイや、またウィッチャー、ウィッチャー2をプレイした後であれば、ああ、そういう話だったんですねと、色々と気づきが出てくる部分になります。

先行クエスト

先行クエスト「謁見」の完了時、厳密にはその次のクエスト「ニルフガードの諜報員」中に初めてヴェレンの地域に入った時にクエスト発生します。

進行

腐った果樹園に入る

最初は大祭司広場の南に面しているところにあるトリスの家(クエストマーカーが表示される建物)に向かいます。現地に着くと悪党2名が漁っており、殴り合いになります。付近の宝箱からは練金レシピや設計図が入手出来る場合があります(ランダム)。

トリスが居なくなった建物内を探索していると、随所でゲラルトがトリスを思い出し、独り言を言います。その中に、トリスは霊薬が嫌いだった話もありますが、トリスが何故霊薬を受け付けないかについては、原作小説「ウィッチャーⅠ エルフの血脈」で詳細に語られています。

泥棒を尾行するか、物乞いに聞くかし、情報を持っているであろう「腐った果樹園」への行き方を見つけます。

敷地から出たら早速泥棒のムービーがはじまりますが、この泥棒は逃げますので追わなくていいです。物乞いから情報収集していっても良いですが、スリ犯を追う方がラクかと思います。大祭司広場の屋台周辺を観察していると、物を買っている人の後ろでゴソゴソしてスリを働いている人が出没しますのでよく観察しましょう。見つけたらある程度の距離を取って尾行しましょう。途中でカットが入り、尾行対象が切り替わります。そのまま追っていくと腐った果樹園の入り口に到着します。

入口では50クラウン支払うか、アクスィー(▽)の付いた選択肢を通すことで中に入ることが出来ます。アクスィーを通せば40expもらえます。また、中に入ったところで100expもらえます。


物乞いの王に会う

物乞いの王に会った後は、店に行くものの、魔女狩りが近づいてきたため下水道から脱出することになります。店の床から下水道に下ります。

下りたところの区画には物資がたくさんあり、設計図や練金レシピ、またレリック武器等が取れる可能性(ランダム)のある宝箱も2つほどあります。一通り回収したら、ウィッチャーの感覚で柱のスイッチをみつけ、隠し扉を開けて下水道を進みましょう。

その後トリスが求めていた品を運河の底で探します。目的のアイテムは「革袋」というものです。水底には他に、練金レシピや設計図、またレリック装備が取れる可能性のある(ランダム)宝箱が2個ありますのでチェックしておきましょう。

ネズミ退治

トリスについて行き、穀物庫のネズミ退治します。穀物庫内にも練金レシピや設計図、またレリック装備が取れる可能性のある(ランダム)宝箱がありますのでチェックしておきましょう。

罠を設置し、ネズミ駆除をした後、敵NPCと戦闘になります。本クエストは完了し、後続クエスト「夢のノヴィグラド」が自動発生します。完了時経験値は200expです。

後続・関連クエスト

その他、ウィッチャー3のメインストーリー関連のクエストはこちらのページでまとめています。

ウィッチャー3攻略TOP(総合目次)

ウィッチャー3総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket