《ウィッチャー3 攻略》テシャム・ムナ のページ。DLC 血塗られた美酒 のメインストーリーに関連するクエスト「テシャム・ムナ」について概要、推奨レベル、報酬、先行クエスト、後続クエストなどの攻略情報をまとめています。

概要
推奨レベル:49 報酬:クエスト完了時1000exp

ウィッチャー3 攻略 テシャム・ムナ

DLC「血塗られた美酒」のメインクエスト「テシャム・ムナ(Tesham Mutna)」はデトラフが居るテシャム・ムナに行き、デトラフと対峙するクエストです。

先行クエスト

先行クエスト「あの山の向こうに…(※シアンナルート)」または「見えざるもの(※オリアンナルート)」の完了時に自動発生します。

進行

本クエストは、どの先行クエストから来たか、また、先行クエストでどのような行動をしたかによって進行が分岐します(本クエスト内における特定の行動で決まるものではありません)。

シアンナを連れてくる展開になった場合は、お守りの「リボン」が無い場合はデトラフによって殺害されることになります。シアンナが死亡してしまうとアンナ・ヘンリエッタ公爵の要求を満たせなくなり、それを罪状に後続クエスト「麻布に包まれて」で服役することになります。

シアンナを殺害できなかった(シアンナが生存した)場合は、デトラフは怒り、デトラフとの戦闘が避けられなくなります。そして後続クエスト「威風堂々にして奇奇怪怪」にてアンナとシアンナが対面することになります。

整理すると下表のような内容になります。

先行クエスト・行動 本クエストの進行 後続クエスト
あの山の向こうに…
(リボン取得あり)
シアンナ:生存する
デトラフ:必須
威風堂々にして奇奇怪怪
ハッピーエンド」または「バッドエンド:アンナとシアンナ死亡」()
あの山の向こうに…
(リボン取得なし)
シアンナ:殺害される
デトラフ:選択可能
麻布に包まれて
「バッドエンド:シアンナ死亡」確定
見えざるもの シアンナ:来ない(生存する)
デトラフ:必須
威風堂々にして奇奇怪怪
「バッドエンド:アンナとシアンナ死亡」確定

()「牙を持つ者たちの夜」にて家庭教師の日誌を必要数読んでいない場合、または、「あの山の向こうに…」にてシアンナの会話をちゃんと聞いていない場合は「バッドエンド:アンナとシアンナ死亡」に確定。そうでない場合は、後続クエスト「威風堂々にして奇奇怪怪」における行動にて最終判定。


デトラフ

シアンナを連れてこなかった場合、または、シアンナを連れてきたものの「リボン」の御加護により殺害できなかった場合は、デトラフは怒り、デトラフ戦が確定で発生します。デトラフがシアンナを殺害出来た場合は、デトラフ戦は任意です。

デトラフは本編や他のDLC含め、最強クラスです。何度か敗北するつもりで臨むようにしましょう。また戦闘前にオイル霊薬など、可能な限りの準備をしておいた方が良いです。印はデトラフに対して全然効果はありません。クエンだけを徹底活用する方向でOKです。割られたらすぐに張りなおす勢いで多用するのが良いです。

戦闘は3ステージあり、デトラフの残り体力によって遷移します。

デトラフが飛び回る第2ステージが最も難しいです。デトラフが飛び回るものの石弓も当たりませんし、アードも効きません。地上におりた瞬間しか攻撃チャンスがないので、それ以外はうまく逃げ回る感じになります。

また、数回斬りつけたらすぐに逃げるようにしないと、デトラフが上陸した地点の地面から出てくる触手のようなものに捕まって大ダメージを受けることになります。

その後の第3ステージは体内のような不気味な場所に移動になります。動き回るデトラフ以外に、デトラフという名前が付いた心臓のようなものが3個あって、これらを破壊してまわることになります。第3ステージは第2ステージと比べると戦いやすいです。

クエストの完了

デトラフへの対応が終わったら本クエストは完了し、1000expもらえます。また、デトラフ撃破により、サイドクエストただ一人のみ」で必要となる「勇敢さ」の条件を満たせるようになります。

後続クエストは本クエスト中の結果、シアンナが生存するか死亡するかによって、「威風堂々にして奇奇怪怪」または「麻布に包まれて」が自動発生します。

後続・関連クエスト

その他、ウィッチャー3のDLC「血塗られた美酒」関連のクエストはこちらのページでまとめています。

ウィッチャー3攻略TOP(総合目次)

ウィッチャー3総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket