【Fallout4】The Nuclear Option (ミニッツメン)

フォールアウト4攻略》The Nuclear Option (ミニッツメン)のページ。ミニッツメンルートメインクエスト「The Nuclear Option」について、概要、クリア報酬、クエストの発生、場所、クエストの進行といった攻略情報をまとめています。

概要

The Nuclear Option (ミニッツメン) メインクエスト ミニッツメン Fallout4 フォールアウト4 攻略

The Nuclear Option (ザ・ニュークリア・オプション)は、インスティチュート(ロケーション)内にある高出力の原子力発電機を爆破させ、インスティチュートを壊滅させるミニッツメンのクエストです。

大規模な核爆発の結果、C.I.T.廃墟一帯は大きなクレーターとなり、高い放射能ダメージを浴びる地区となります。また、Pip-Boyのマップから地点も消滅します。

派閥敵対化、注意事項

本クエスト「The Nuclear Option」では派閥との敵対関係は発生しません。

避難プロトコルBD-2を実行しないとプレストン・ガービーをコンパニオンに出来なくなります

本クエスト中、インスティチュート(ロケーション)内に侵入し、リアクターに向かう途中、病床のファーザーのもとに行きターミナルを操作します。リアクターに近づくためのセキュリティロックダウンをここで解除しますが、同時に避難プロトコルBD-2」を実行(後述)するようにしないと、クエスト完了時にプレストン・ガービーが激怒します。

プレストン・ガービーと敵対状態になるわけではないですが、プレストン・ガービーコンパニオン(ロマンス含む)にすることは一切できなくなります。もう既に特殊Perk「United We Stand」を習得済みだし、コンパニオンにする予定もない、という場合は支障ありませんが、激怒する仕様になっている点についてはくれぐれもご注意ください。

プレストン・ガービーが激怒モードになると、コンパニオンやロマンスのための会話選択肢が一切出なくなり、味気ない応答しかしなくなります。但し、居住地が助けを求めている場合はしっかりお知らせしてきますし、主人公の地図にがっつりと印を入れてきます。また、後続クエスト「With Our Powers Combined」も条件を満たせばちゃんとそのための会話が発生し、クエスト受注できます。

クリア報酬

オートマチック レーザーマスケット

クエスト完了後スタージェスと会話すると、本クエストクリア報酬として オートマチック レーザーマスケットがもらえます。「オートマチック(自動発射モード)」のレジェンダリー効果が付いている、珍しいレーザーマスケットです。

但し、The Nuclear Optionに対応できるレベルの主人公にとっては、他の強い武器もあるでしょうから、倉庫のこやしと化す場合が多いかと思います。

ミニッツメンRPを極める上では、やはり民兵帽とレーザーマスケットは欠かせません。とはいえ、「オートマチック」が付いてしまったものは多クランク化が出来なく(やりにくく)なるため、厳しいところではあります。

レーザーマスケットについてはこちらのページをご覧ください。また、オートマチックについてはこちらのページをご覧ください。

クエストの発生

クエストギバーはプレストン・ガービーです。前クエスト「Defend the Castle」でキャッスルを守り切った(100%)時に自動発生します。プレストン・ガービーと会話して進行させるようにしましょう。

舞台となる場所

クエストの進行

プレストン・ガービーと会話すると、スタージェスと話をするように言われます。スタージェスは「Inside Job」の時に入手したネットワーク・スキャナー・ホロテープの解析を見事終え、インスティチュート(ロケーション)に入る方法を見つけたようです。いつもサンクチュアリの壁を叩いている大工さんかと思わせておいて、実は非常に優秀なエンジニアだったということが判明します。

スタージェスからクエストアイテム「インスティチュート中継ターゲットシーケンス」と現地の注意事項(放射能ダメージを受けますよ、という話)を教えてもらい、インスティチュート(ロケーション)への侵入を試みる流れとなります。

公共事業メンテナンスエリア(ミニッツメン専用の手順)

インスティチュート(ロケーション)へは古い下水道を経由して侵入することになります。Pip-BoyのマップではC.I.T.廃墟の北あたりを示しています(ズレています)が、現地に行くと実際に入る場所がPip-Boyのマップではなく実画面の方に示されますのでそれに従えばOKです。

タイコンデロガにFTできる場合はタイコンデロガを起点に向かうと早いです。敵NPCから襲撃されることもあまりないかと思います。入り口は川の中にありますので、タイコンデロガの前を流れている川に入りましょう。クエストマーカーに従えば大丈夫です。川の中にある土管の奥から「公共事業メンテナンスエリア」に入ることが出来ます。ロードが発生します。

公共事業メンテナンスエリア内

公共事業メンテナンスエリアに入ったら、クエストマーカーで指示されているところにあるキーパッドを操作しましょう。ジャーナルが「インスティチュートの中継局を作動させる」に更新されます。北側のターミナル(ADVANCEDハッキング)のすぐ西の水の中にパイプがあり、そのフタが開いて中に入れるようになっています。

なお、そのターミナル(ADVANCEDハッキング)のところの部屋はジャンクや弾薬がある程度です。クエスト後はインスティチュート(ロケーション)一帯は全て跡形もなくなって再度来ることは基本的に出来ませんので、気になるようであれば隅々まで探索しておくのが良いかと思います。

パイプに入る

パイプに入ったら、奥へと進んで行きます。途中、パイプの外をパイプに沿って進んだり、再度パイプに入ったりしながら奥へと進んで行くことになります。あれ?行きどまったかなという箇所ではハッチを開けることでパイプに出入りできるようになっていたりしますので注意しましょう。

基本的に一本道です。パイプの外側には赤い矢印が描かれていて、進むべき方向が示唆されていますので、時折確認しつつ進むと迷うことはないです。インスティチュート(ロケーション)は外界と道が一切繋がっていないと思わせておいて、しっかり繋がっているばかりか、こっちがインスティチュート(ロケーション)ですよと標識までされているわけで、セキュリティの甘さに驚くばかりです。

最初はフェラル・グールがたくさん出没します。ここで出没するフェラル・グールは強めのタイプが多いです。奥へと進んで行くとやがて人造人間が出没しだします。人造人間が出てくるとゴールは近いです。突き当り「インスティチュート(ロケーション)」エリアに移動するためのロード扉(と言ってもドアはないですが)になっています。

インスティチュートの中継局に到着

インスティチュート(ロケーション)に入り、ハッチを開けると、なんと驚いたことに中継局の部屋の中に出てきます。中継局にある「コンピューターターミナル」に、クエスト開始時にスタージェスからもらっていたクエストアイテム「インスティチュート中継ターゲットシーケンス」をロードし「リモート中継シーケンス開始」のコマンドを実行しましょう。

すると次から次にミニッツメンが飛んできます。セキュリティが甘すぎとしか言いようがありません。プレストン・ガービーは転送されてくるなり「うわ、こいつはとんでもないな…」と言います。こまちゃんもそう思います。

そしてプレストン・ガービーと会話し「核融合パルスチャージ」を受け取り、リアクターを目指します。ここからの手順(後述)は、各派閥のクエストラインの「The Nuclear Option」と同じ手順になります。

注意点は上述のとおり、避難プロトコルBD-2を実行しないとプレストン・ガービーをコンパニオンに出来なくなりますので、その点だけはご注意ください。ジャーナルに「(オプション)緊急避難指令を出す」が追加されますし、ファーザーのターミナルに対してクエストマーカーがしつこく指示されますので意図的に避けない限り、操作し忘れることは起こりにくいとは思います。

リアクターにたどり着く(各派閥共通の手順)

大量に居る人造人間やインスティチュートの科学者を倒し、古いロボットラボ、バイオサイエンス部門と進み、1階中央に向かいます。基本的にクエストマーカーの指示に従い進んで行けば大丈夫です。

1階中央まで来たら、次は「マスターセキュリティロックダウンオーバーライド」を行うために、ファーザーの部屋に向かいます。1階中央のエレベーターからエレベーターを乗り継ぐことでファーザーの部屋に行くことが出来ます。

ファーザーの近くにあるターミナルから「マスターセキュリティロックダウンオーバーライド」を実行することが出来ます。また、「避難プロトコルBD-2」と「管理官アクセス:人造人間停止」のコマンドも行うことが出来ます。「避難プロトコルBD-2」の方は、コマンドを実行することでインスティチュート(ロケーション)内に居る人々に避難勧告がなされます。また、「管理官アクセス:人造人間停止」のコマンドを実行することで多数の人造人間がしょんぼりポーズになって動作停止します。

マスターセキュリティロックダウンオーバーライド」を実行したら次はいよいよ原子力発電機へと向かいます。水色のアドバンス・システム部門の奥にあります。行き先はクエストマーカーで指示されます。

リアクターのところまで来たら最終の戦闘です。名前付き人造人間の「Z4K-97B」と「A-2018」が居ます。いずれも伝説クラスで、レジェンダリー装備をドロップします。強敵です。また、いずれも「リアクターのターミナルパスワード」を所持していますが、特に使うことはありません。

全て倒さなくてもリアクター内に入ってクエストアイテムをセットすれば目的達成ですが、全て倒したほうが邪魔される懸念がなくなるので良いかと思います。リアクター内は高い放射能ダメージを受けますので、邪魔されない状態にして、一瞬入ってセットしてすぐに出る感じで行きたいところです。

クエスト完了

リアクターに「核融合パルスチャージ」をセットしたら、スタージェスに中継局まで引き揚げてもらいます。この時、他の派閥の場合と同じく、子供人造人間版のショーンが登場し、主人公に連れて行ってくれとせがみます。

主人公はショーンを表の世界に連れて行くか、人造人間なので残して行くか、選択を迫られます。ここで、連れて行かず置いて行くことにした場合、プレストン・ガービーは「怒らせた」の反応(最も好感度マイナスが大きい)を示しますので、この点もご注意ください。

スタージェスが「ハッ!なんて異常なんだ。どこまで堕ちるんだ!」と言うように、プレストン・ガービースタージェスも、このショーンがあまりにも精巧にできた人造人間であるため、これは人造人間なんだという主人公の見解が信じられない、誤解している可能性がありますが、それ以上の申し開きは出来ません。

なお、ここで子供ショーンを連れて行く選択をした場合は、クリア後の世界でショーンの工作の手伝いをすることでユニーク武器ウェーザーワイフル」を入手出来ます。

ショーンをどうするか決めた後、一同は他派閥の「The Nuclear Option」同様、マスフュージョン最上階に転送されます。

起爆装置を使用する

マスフュージョン・最上階に来たら「起爆装置を使用する」にジャーナル更新され、インスティチュート爆破に入ります。

プレストン・ガービーは「「未来に向けた人類最高の希望」がはかなく消えるのを見たければ、あのボタンを押せばいい」と、ここまで来ているのにまだそんなことを言ってきます。こういった大掛かりな破壊行為は余程性に合わないんだろうと思います。そこがミニッツメンの良いところなんだと思います。

ミニッツメンのクエストラインはある意味「Old Guns」がゴールかなと思います。その先は、将軍たる主人公がインスティチュートと決別して帰ってきてしまったためにやむを得ず突っ込んで行くストーリでした。また、後続クエスト「With Our Powers Combined」も同様で、将軍たる主人公がさらにB.O.S.と決別して帰ってきた場合のみ、番外編的に発生します。

ミニッツメンのクエストラインでは、クエストを進めた結果、他派閥との決別が発生するものではありません。いずれの場合も、よそで発生したトラブルにミニッツメン一同が巻き込まれるというニュアンスになります。

避難プロトコルBD-2を実行しなかった場合

起爆スイッチを操作し、人は過ちを繰り返し、エンディングムービー、となります。エンディングムービーの後、避難勧告を出したかどうかの話になります。

ファーザーのターミナルのところで避難プロトコルBD-2を実行しなかった場合プレストン・ガービーは「くそっ、将軍。俺たちを奴らと同じレベルに引きずり下ろしたな。こんなやり方は必要なかった」と怒りを爆発させてきます。

関連人物

プレストン・ガービー 友好NPC Fallout4 フォールアウト4 攻略

プレストン・ガービー

ミニッツメン コンパニオン

自由博物館

クエストライン

本クエストは、ミニッツメンルートのクエストラインに属しています。

ミニッツメンのページ

ミニッツメンの詳細については以下のページでまとめています。

メインクエストの総合ページ

また、Fallout4でプレイ可能な全てのメインクエストについて、以下のページでまとめています。

攻略総合 各ページへ

Fallout4攻略総合の各ページへは、以下のボタンからジャンプして頂けます。

Fallout 4: Music from Far Harbor & Nuka World (Original Game Soundtrack)
Bethesda Softworks
¥1,500(2021/04/20 22:28時点)