フォールアウト4攻略》Blind Betrayal のページ。Fallout4のB.O.S. メインクエスト Blind Betrayal について概要・背景・報酬、派閥敵対化、注意事項、クエストギバー・受注条件、クエスト進行、クエスト完了 といった攻略情報をまとめています。

概要・背景
報酬:350exp, 「B.O.S. V T-60d」パワーアーマーパーツ一式, パラディンに昇格・B.O.S.塗装のパラディン向けのものが使えるようになる, パラディン・ダンスの特殊Perk「Know Your Enemy」の習得が解除される

Fallout4 攻略 Blind Betrayal B.O.S.

Blind Betrayal(ブラインド・ビトレイヤル)、隠された裏切りという意味深なタイトルが付けられた本クエストは、好感としても好漢としても優れたB.O.S.のリーダーのあの方が、裏切りの嫌疑を掛けられるという壮絶なクエストです。

クエスト「Outside the Wire」の時にインスティチュート(ロケーション)から持ち帰ったネットワーク・スキャナー・ホロテープが解析された結果、動かぬ証拠が見つかったという背景があります。

主人公が持ち帰ったネットワーク・スキャナー・ホロテープが発端となってしまっていて、しかも、B.O.S.の役職者としてその裏切りの断罪をせねばならないという、主人公自身の境遇としても非常に悩ましい進行となります。またそれ以上に、感情をおさえて必死に嘆願してくるスクライブ・ヘイレンに心を打たれる人も多いかと思います。

本クエストでどういった処断をするかは主人公の自由になっており、また、その処断の内容によって以降のシナリオが変化・分岐することはありません。

派閥敵対化、注意事項

本クエスト「Blind Betrayal」では派閥との敵対関係は発生しません。

「Blind Betrayal」完了報告のタイミングに要注意

本クエスト「Blind Betrayal」の完了報告により、後続クエスト「Tactical Thinking」が自動発生します。後続クエスト「Tactical Thinking」は進行中にレールロードと完全敵対に至るクエストですが、クエストが自動発生した時点で早くもその準備状態になります。

ダンスを再度コンパニオンにすることが出来るようになるのは、本クエスト「Blind Betrayal」の完了報告を行った後です。特殊PerkKnow Your Enemy」は非常に有用なPerkですので、習得を急ぎたいところではありますが、下記のとおり、ランサー・キャプテン・ケルズレールロードP.A.M.の挙動が変わりますので注意しましょう。

ランサー・キャプテン・ケルズや、レールロードP.A.M.がクエストギバーとなっているクエストについては、ぎりぎりのタイミングではなく、本クエストを進める前に余裕をもって対応しておいた方が無難です。

ランサー・キャプテン・ケルズについて

本クエスト「Blind Betrayal」の最終的な完了報告により、後続クエストTactical Thinking」が自動発生すると、ランサー・キャプテン・ケルズは専用のセリフしか言わなくなります。そして、このセリフを聞くとレールロードと完全敵対となります。

つまり、ランサー・キャプテン・ケルズがクエストギバーとなっているクエストについて受注や完了報告が一時凍結状態になります。レールロードと敵対する前にやっておきたいクエストがある場合は、十分注意しましょう。

レールロードP.A.M.について

また、本クエスト「Blind Betrayal」の最終的な完了報告と同時に、レールロードに居るP.A.M.が動作しなくなります。つまり、P.A.M.がクエストギバーとなっているレールロードのクエストについて受注や完了報告が一切できなくなります。これは仕様であり、不具合ではありません。

特に、P.A.M.のクエストをこなすことで解除されるバリスティック・ウィーブは、P.A.M.が止まると解除できなくなります。この点が一番困るかと思います。バリスティック・ウィーブが必要な方は先にレールロードのクエストを進めてからエルダー・マクソンに完了報告するよう、十分注意しましょう。

クエストギバー・受注条件

クエストギバーはエルダー・マクソンです。先行クエスト「Liberty Reprimed」の完了により自動発生しますので、エルダー・マクソンのもとに要件を聞きに行きましょう。

クエスト進行

クエスト発生後、プリドゥエンで初めにエルダー・マクソンと会話する時に発生するスピーチチャレンジは失敗しても問題ありません。その後クインランのところに来ているスクライブ・ヘイレンからの情報により、ケンブリッジ警察署メンバーに万一のことがあった場合の再集合地として約束されている監視施設ブラボーに向かいます。

監視施設ブラボーは本クエスト専用のロケーションですので敵NPCが占拠していたりは無いですが、タレットやプロテクトロンが若干配置されています。あと、監視施設ブラボーの入り口から見て東側に伸びる道沿いにデスクローが出没する場合があります。この後のクエスト進行中に会話の邪魔をしてこられると、ちょうどいいところでCMに入るテレビ番組のように台無しになりますので、デスクローが居ないか事前にチェックし、居たら先に退治しておいた方が良いです。

監視施設ブラボーに入り、エレベーターを下りて突き当りの部屋にパラディン・ダンスは居ます。

エレベーターを下りてから引き返すとパラディン・ダンスは自決してしまい、ジャーナルが「パラディン・ダンスのホロタグを回収する」に更新されてしまいます。処刑してしまうつもりであれば問題ないですが、説得を試みるつもりでいるならば、CHRが上昇するような装備品を事前に準備したうえで監視施設ブラボーに向かうようにしましょう。

薬については監視施設ブラボー内に、CHRが驚愕の+5上昇するメンタス・グレープ味が置いてありますので、それを使うと良いかと思います。このメンタス・グレープ味のおかげで、この後発生する高難易度のスピーチチャレンジもなんとかなります。

パラディン・ダンスを処刑する場合は、倒して、エルダー・マクソンと会話すればクエストは終わります。以下、説得を試みる場合のための情報です。

パラディン・ダンスとのスピーチチャレンジ

  • どういう意味?」…選択しても再度この会話選択肢に戻ってきます。
  • マクソンは間違っている」(オレンジ色)
  • 仲間を失いたくない」(オレンジ色)
  • 逃げるな」(オレンジ色)

3つともオレンジ色のスピーチチャレンジです。連続ではなく1回のみです。スピーチチャレンジに失敗すると、パラディン・ダンスを処刑する流れになります。

選択肢はどれを選んでも成功すれば次のエルダー・マクソンとのスピーチチャレンジに進むことが出来ます。内部的な成功率の設定はわかりませんが「マクソンは間違っている」が成功しにくいように思います。絶対に成功しない地雷の選択肢は無く、3ついずれも成功することは可能です。

エルダー・マクソン監視施設ブラボーから出たところに居ます。パラディン・ダンスのところにメンタス・グレープ味が置いてありますので回収し、建物から出る直前に服用して臨むようにしましょう。

エルダー・マクソンとのスピーチチャレンジ

Fallout4 攻略 Blind Betrayal エルダー・マクソン

エルダー・マクソンの方もスピーチチャレンジは1回です。但し、体感としてはパラディン・ダンスとのスピーチチャレンジよりも成功率は低いように思います。

  • 殺したらどうなる?」…再度この会話選択肢に戻ってきます
  • 自分では処刑しない」…マクソンが処刑します
  • 自分が処刑する」…主人公が処刑することになります
  • 話を聞いて」…スピーチチャレンジが開始となります。

スピーチチャレンジをしたい場合は「話を聞いて」を選ぶようにしましょう。

  • 気が変わったら?」…上の選択肢に戻りますが「話を聞いて」は無くなり、再度スピーチチャレンジに入ることは出来ません。
  • 信頼と尊厳」(オレンジ色)
  • 命を救ってくれた」(オレンジ色)
  • 2つ失うことになる」(オレンジ色)

絶対に成功しない地雷の選択肢は無く、3ついずれも成功することは可能です。スピーチチャレンジに成功するとパラディン・ダンスは処刑を免れます。

B.O.S.の責任者の立場があるため、無情な対応でも断固として進めようとするエルダー・マクソンも、心の奥底には苦悩や葛藤があるということがわかります。

クエスト完了

監視施設ブラボーでの対応完了後、プリドゥエンに戻ってエルダー・マクソンと会話することで本クエストが完了し、後続クエスト「Tactical Thinking」が発生します。

後続クエスト「Tactical Thinking」ではレールロードと完全敵対します。B.O.S.ルートにおける重要な分岐点になりますので、上述の「派閥敵対化、注意事項」欄に記載しました通り、本クエストの完了報告タイミングには十分注意しましょう。

B.O.S.のクエストライン

フォールアウト4攻略TOP

FO4攻略TOP 総合目次 マップ 雑誌・ボブル
メインクエスト サイドクエスト
B.O.S. Institute ミニッツメン レールロード
DLCファー・ハーバー DLCヌカ・ワールド

本編のメインクエスト

共通:War Never ChangesOut of TimeJewel of the CommonwealthUnlikely ValentineGetting a ClueReunionsDangerous MindsThe Glowing SeaHunter/HuntedThe Molecular LevelInstitutionalized
B.O.S.:ReveilleFire SupportCall to ArmsSemper InvictaShadow of SteelTour of DutyShow No MercyFrom WithinOutside the WireLiberty Reprimed・Blind Betrayal・Tactical ThinkingSpoils of WarAd VictoriamThe Nuclear Option (B.O.S.)A New Dawn
インスティチュート:Synth RetentionThe Battle of Bunker HillMankind – RedefinedMass FusionPinnedPowering UpEnd of the LineAirship DownNuclear Family
ミニッツメン:When Freedom Callsはじめの一歩(The First Step)Taking IndependenceOld GunsInside JobForm RanksDefend the CastleThe Nuclear Option (Minutemen)With Our Powers Combined
レールロード:Road to FreedomTradecraftUnderground UndercoverPrecipice of WarRockets’ Red GlareThe Nuclear Option (Railroad)

本編のサイドクエスト

B.O.S.:The Lost PatrolDuty or DishonorA Loose End
インスティチュート:A House DividedBuilding a Better CropPlugging a Leak
ミニッツメン:Returning the FavorOut of the FireTroubled WatersSanctuaryThe Sight
レールロード:Boston After DarkMercer SafehouseBurning CoverButcher’s BillButcher’s Bill 2Memory InterruptedOperation TiconderogaTo the MattressesRandolph Safehouse
コンパニオン:Benign InterventionEmergent BehaviorLong Road AheadLong Time Coming
Vault 81:Vault 81DependencyHere Kitty, KittyHole in the WallShort Stories
カボット邸:Special DeliveryEmogene Takes a LoverThe Secret of Cabot House
グッドネイバー:Public KnowledgeThe Big DigThe Memory DenThe Silver ShroudTrouble Brewin’
ダイアモンドシティ:Confidence ManDiamond City BluesIn Sheep’s ClothingOut in Left FieldPainting the TownStory of the CenturyThe Disappearing ActThe Gilded Grasshopper
その他:Banished from the InstituteCambridge Polymer LabsCurtain CallHere There Be MonstersHuman ErrorKid in a FridgeLast Voyage of the U.S.S. ConstitutionMystery MeatOrder UpPickman’s GiftPull the PlugThe Devil’s DueThe Marowski HeistVault 75

Pocket