《ウィッチャー3 攻略》シリを追って のページ。メインストーリーに関連するクエスト「シリを追って」について概要、推奨レベル、報酬、先行クエスト、後続クエストなどの攻略情報をまとめています。

概要 推奨レベル:なし 報酬:なし

ウィッチャー3 攻略 シリを追って

本クエスト「シリを追って(In Ciri’s Footsteps)」は、現在メインストーリーの第1幕の進行中で、ヴェレンノヴィグラドスケリッジの3つの地域を探索していくところですよ、という大目標を示すだけのクエストになります。

本クエストが完了しないと第2幕の最初のクエスト「醜い赤ん坊」に入ることは出来ません。第1幕でのシリの探索をすっ飛ばして第2幕に移行させないためのガードのようなクエストになります。

本クエストとして特に何かすることは無く、メインクエストニルフガードの諜報員」以降、順次クエストラインを進めていくことで自然に完了します。

先行クエスト

メインクエスト謁見」の完了後、メインクエストニルフガードの諜報員」の開始直後、ヴェレンに移動した時にクエスト追加されます。いつの間にかクエスト一覧に登録されており、追加ログは出ません。

進行

ヴェレンノヴィグラドスケリッジの3つの各地域におけるシリ探索関連のメインクエストが全て解決することで本クエストも完了となります。言い換えると、このクエストが完了していないということは、必要なクエストが何かしら残っていることを意味します。

つまり、メインストーリーの第1幕に該当するクエストの内、サイドクエストではなくメインクエストに該当するもの全てを完了した時に本クエストがクリアとなります。具体的には以下の通りです。

地域 第1幕のメインクエスト
ヴェレン 5.ニルフガードの諜報員
6.魔女狩り
7.闇をさまよう
9.1.森の貴婦人たち
9.3.シリ編:沼地からの脱出
10.1.血まみれ男爵
10.2.シリ編:狼の王
11.1.家庭の事情
11.2.プリンセスの危機
11.3.シリ編:競争
11.4.シリ編:暗闇を抜けて
ノヴィグラド 12.ノヴィグラドの火葬
13.夢のノヴィグラド
14.君に届け
15.ルーヴェン伯爵の宝
16.1.ジュニアを探せ
16.5.シリ編:ジュニアのもとへ
16.6.ラドヴィッドの要請
17.芝居のしどころ
18.1.追い詰められた詩人
18.2.シリ編:必死の逃走
スケリッジ 22.スケリッジへの旅
23.王制よ永遠なれ
24.過去の残響
25.行方不明者たち
26.1.名無し
26.2.嵐の前の静けさ
26.3.謎の乗客

あるクエストをクリアしたら地域にチェックが入るとかではありませんので、クエストをすっとばすことは出来ません。これら全てをクリアすることで、その地域にシリが居ないかを徹底的に調査し尽くしたことになり、チェックが入ります。

但し「26.3.謎の乗客」のみは特殊で、ほとんどの場合はクエスト発生しませんので気にしなくて大丈夫です。このクエストは、ヴェレンノヴィグラドの探索を終えないうちに無理くりスケリッジに渡航した場合に発生する可能性のあるクエストです。

地域にチェックが入らないということは、まだ何かクエストが残っているということになります。ゲーム内メニューのクエスト欄に列挙されているクエストの内、メインクエストの項目にあるクエストを再確認しましょう。


後続・関連クエスト

メインストーリーに沿って進めていた場合は、メインクエスト名無し」が完了するタイミングで本クエストも完了し、後続クエストの「醜い赤ん坊」が自動発生します。

但し、同じタイミングでサイドクエスト最後の願い」も自動発生します。イェネファーへの愛を貫く場合は特に「最後の願い」を優先させるように注意しましょう。「最後の願い」は即時対応が必要な時限付きクエストです。着手せず「醜い赤ん坊」の方を先に進行させてしまうと「最後の願い」は失敗終了となります。

なお、ヴェレンの探索や、ノヴィグラドの探索をすっ飛ばしてスケリッジを探索した場合は、メインクエスト名無し」が完了するタイミングで本クエストは完了せず、後続クエストの「醜い赤ん坊」は発生しません。ヴェレンノヴィグラドで発生しているメインクエストについても完了させることで本クエスト「シリを追って」は完了します。

その他、ウィッチャー3のメインストーリー関連のクエストはこちらのページでまとめています。

ウィッチャー3攻略TOP(総合目次)

ウィッチャー3総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket