昨今、新たに販売されている書籍のほとんど全てが電子書籍としても購入できるような便利な世の中になりました。売上の比率でいくと、書籍全てのうち電子書籍が1~2割を占めるところまで増加してきているようです。

こまちゃんにおける電子書籍比率は何と83%です

ゲーム好きがキンドル(Kindle)を愛してやまない理由

世間一般における電子書籍の比率は1~2割ですが、こまちゃんの宝箱(当サイト)においては、何と83%もの方が電子書籍版を選ばれています。

こまちゃんの宝箱では、おススメ書籍も御紹介させて頂いていまして、それらは全て、通常の「紙の本」「Kindle版」という電子書籍のバージョンの2種類が本屋さん(Amazon)から提供されています。

電子書籍が人気あるのは、広く知られていることではあります。でも、8割を超える程だというのは、ちょっと驚きじゃないでしょうか?

なぜ、83%もの方がKindle版をご利用になるのでしょう

その理由は、こまちゃんの宝箱がゲームサイトだというところに隠されています。

理由1:コンテンツのダウンロード利用に慣れている

「Kindle版」「紙の本」との大きな違いは物理的なモノが無いという点ですね。

「Kindle版」はデータを端末にダウンロードして読みますので、ずっしりと重みのあるたくさんの枚数の紙というモノが存在しません。

「紙の本」を選ばれる方の理由のひとつには「モノがある」というのがあると思います。実際に手に持ったときのぬくもりや安心感もあるでしょうし、読み終わった本を本棚に並べてコレクションしたいというのもあるでしょう。ここは好みだと思いますし、「紙の本」が先々、消えてなくなることも無いんじゃないかなと思います。

一方、こまちゃん自身を含む「Kindle版」のユーザーはどう違うのでしょう?

「Kindle版」のユーザーは物理的な「モノ」が無いことへの抵抗感がない、というのがあるかと思います。

ゲームの世界ではもう、ゲームソフトをダウンロード利用するというのは当たり前のように浸透していますからね!

STEAMからPCにダウンロードしたり、スマホアプリをスマホ端末にダウンロードしたり、それが普通のことです。

むしろ、逆にダウンロード購入できないとストレスになる程です。ダウンロードで済むことで、街中の専門店に行って、商品を片っ端から探し回るようなことから解放されています。また、ディスクやカセットや箱や説明書があふれかえってくることもありません。

ゲーム好きな人にとっては、物理的な「モノ」が無いということが自然なことになっています。そして物理的な「モノ」が無いことで得られるメリットも知っています。

書籍も同じようにそれで行きたい!

だから「Kindle版」になるんだと思います。少なくともこまちゃんはそうです。

理由2:ゲームする時間を確保したい

もし、「Kindle版」が無かったら・・・。こまちゃんは読書の時間を確保できていないだろうなと思います。

ゲームする時間を減らしてまで読書をするか?

もちろん答えはNOになります。だって、ゲームしたいですから(即答)。

ゲームできる時間は全てゲームしていたいです。

こまちゃんの宝箱に遊びに来てくださる皆さんも、きっとこまちゃんと同じくゲーム好きの方で、きっと同じ思いだと思います。そう信じています。

ゲームする時間を減らさずに読書をしたい

そこで出てくるのが、この我ながらわがままな欲望です。この欲望を叶えてくれるのが「Kindle版」なんですね。

気になる本も読みたいです。仕事や学校のために、読まなきゃならない本だってあるかも知れません。

ゲームする時間を減らさずに読書をするためには、ゲームをしていない時間で読書をすることが大切です。

錬金術のPerk「Kindle」を習得して時間を生み出す

ゲームをしていない時間のうち、読書が出来る時間というのが、実はたくさんあります。

  1. 電車やバスに乗っている時
  2. 食事をしている時
  3. お風呂に入っている時
  4. ベッドに入って明かりを消した後

この4つがこまちゃんの貴重な読書タイムです。この4つの時間を合わせると、読書に十分な時間が生まれます。

1については「紙の本」でも出来ると思います。本によっては重さで手が疲れるかもしれませんが、出来なくはないと思います。

でも、「Kindle版」なら1~4の全てを読書タイムにすることが出来ます。これは非常に画期的なことだと思います。

具体的にどういうことかを補足させて頂きますと・・・

2の「食事中」に読書をするためには、本を「置ける」ということが必要ですね。お箸や茶わんやナイフやフォークを持つために手を使うからです。

「紙の本」だと本をうつぶせに置かないと閉じてしまいますから、読んでられませんよね。ご飯つぶ等で汚れてしまうのもすごく気になるでしょう。

でも、「Kindle版」なら、Kindleをテーブルに置けばいいだけなんです。テーブルに置いて読みつつ、ご飯が食べられます。こまちゃん、それ行儀悪いよ!って言ってくる人さえ居ない時であれば全く問題ありません。もし汚れても拭いて終わりです。

3の「入浴中」に読書をするためには、水に勝てるということが必要ですね。「紙の本」をお風呂場に持ち込むのは、かなりのチャレンジャーだと思います。

でも、「Kindle版」なら、防水機能付きのKindleさえあれば楽勝なんです。Kindle Paperwhite 以上の機種には防水機能が付いています。

防水機能は本当に神機能だと思います。ひと昔前は、防水機能付きはとても高かったんですが、今はだいぶ安くなりました。

ちなみに、1の「乗り物に乗っている時」にもKindle Paperwhite の重さは180g程しかないため、大きめの腕時計くらいの負荷しかありません。

また、4の「明かりを消した後」Kindle Paperwhite 以上の機種であれば内蔵ライト(LED)が搭載されているので、電気スタンドなど無くても普通に読めます。

理由3:書籍が安い(重要)

そして、ラスト3番目の理由はズバリ「安い」こと。これはとても重要ですよね。

「Kindle版」「紙の本」に比べて書籍の値段そのものが1~2割程度安く設定されています。紙やインクと言った材料や製本にかかるコストが不要なぶん安いということなんだと思います。そのうちKindle端末の購入費用の元が取れてしまいます。

こまちゃんをはじめ、ゲーム好きの人というのは、値段に対する嗅覚が鋭いです(自分で言うのも何ですが)。STEAMなどでゲームのダウンロードをするにあたっても、値段はじっくりウォッチさせて頂いています。

書籍であっても同じで、断然安い「Kindle版」に目が行ってしまいます。

Kindleを入手する際の注意ポイント!

2019/2/1現在、Kindleは3機種あります。

  1. Kindle
  2. Kindle Paperwhite
  3. Kindle Oasis

Kindleが一番安く、Kindle Paperwhite、Kindle Oasis と行くにつれて、上位機種となり、値段も高くなります。

「広告つきモデル」と「広告なしモデル」がありますよ

Kindle、Kindle Paperwhite、Kindle Oasisの3機種それぞれに、「広告つきモデル」と「広告なしモデル」があります。

広告つきモデルは、ロック画面などにAmazonの広告が出る代わりに、値段が2000円程度安く設定されています。なお、読書画面には広告は出ません

広告が出てほしくない場合は「広告なしモデル」を選ぶ方が良いです。

とはいえ、広告の中にはAmazonで開催中の書籍セールの情報もありますので、「広告つきモデル」が好きだという方も多いかと思います。Amazonのランキング的には、広告つきモデルと広告なしモデルで大差はないようです。

Kindle Paperwhite(広告なしモデル)
Kindle Paperwhite(広告つきモデル)

Kindle Paperwhite 以上が高機能です。

上位機種に行くにつれて値段が高くなりますが、当然、機能も増えて行きます。

こまちゃんが気に入っている、防水機能と内蔵ライトは、Kindle Paperwhite 以上の機種(2または3)に、搭載されています。

ゲーム攻略ページへ戻る

スカイリム攻略TOPは、こちらのページです。

Fallout4攻略TOPは、こちらのページです。

Witcher3攻略TOPは、こちらのページです。

Pocket