スカイリム 攻略》儀式の石碑のページ。儀式の石碑(The Ritual Stone)はワールドマップの中央エリアにある大立石です。このページでは、儀式の石碑について活用方法、場所、関連クエスト、報酬、概要などの攻略情報をまとめています。エセリウムの冠と組み合わせた遊び方についても記載。

場所

スカイリム 攻略 儀式の石碑

儀式の石碑(The Ritual Stone)はワールドマップの中央エリアにあります。ホニングブリュー・ハチミツ酒醸造所から街道沿いに東へ進むと、街道沿いの丘の上にあります。丘の上に続く階段は丘の東側にあります。石造りの門のようなものがある階段がそれです。

関連クエスト

ありません

報酬

ありません

効果

周囲の死体を全て蘇生して主人公のために戦わせることが出来るパワーを入手できます。但し、ゲーム内の時間で、1日に1回でかつ1時間(実時間で3分程度)のみしか使用できません。

概要

儀式の石碑から得られるパワーが死霊術系であるだけに、儀式の石碑のところには死霊術師が居て、近づくと攻撃してきます。この死霊術師はなかなか敏感で、主人公が隠密行動をしていていてもすぐに気づいてきます。

儀式の石碑周辺には宝箱その他めぼしいものはまったくありませんが、得られるパワーはなかなかの強力な内容です。効能は上記の「効果」の欄に記載した通りですが、パワーの届く範囲がかなりの広範囲で、かつ、蘇生できる数が無限です。また、効果の時間が切れても、死体は灰になりません。

儀式の石碑とエセリウムの冠

儀式の石碑のパワーは、エセリウムの冠との組合せで素晴らしい効果を得ることが出来ます。かなり豪快なプレイが出来ますので、まだ試したことが無い方は是非一度やってみて欲しいです。とても楽しいです。

クエスト「忘却の彼方」で入手可能なエセリウムの冠には「最後に付与された大立石の効果を持続させる。現在の大立石と同時に適用される」という神能力が付呪されています。いったん儀式の石碑を有効にし、エセリウムの冠を装備して儀式の石碑のパワーを発動させれば、エセリウムの冠に儀式の石碑のパワーを記憶させることができます。

儀式の石碑のパワーを記憶させてしまえば、エセリウムの冠を装備する限り、いくらでもパワーが使用できるようになります。そしてエセリウムの冠から発動する限り、1日1回縛りはなくなります(1日に何度も使用可能になります)。


手順
  1. 儀式の石碑に行き、儀式の石碑を有効にします。また、エセリウムの冠を装備しておきましょう。
  2. 〇〇の石碑(儀式の石碑以外)のところに行き、儀式の石碑のパワーを発動します。発動したら即、〇〇の石碑(儀式の石碑以外)に触れて、〇〇の石碑を有効にします。
  3. 画面の左上に、儀式の石碑を外した→〇〇の石碑を追加→儀式の石碑を追加、と表示されます。エセリウムの冠が儀式の石碑パワーを記憶できている状態です。
  4. 蘇生させたい死体のところに移動します。
  5. パワーを発動します。
  6. ゲーム内時間で1時間(実時間で約3分)経つと効果が切れます。連れていた死体は灰にならずに死体の姿のまま、その場に横たわります。メニュー>パワー>儀式の石碑 の文字は灰色になっていて発動できない状態になっています。
  7. エセリウムの冠を装備から外します(画面の左上に「儀式の石碑を外した」と表示されます)。
  8. エセリウムの冠を再度装備します(画面の左上に「儀式の石碑を追加」と表示されます)。
  9. 文字が灰色になっていて発動できなかった儀式の石碑のパワーが、文字が白色になり発動できる状態になります。儀式の石碑のパワーにセットしていたパワー設定が外れてしまっていますので、セットしておきましょう。
  10. 5へ。以降繰り返し

効果時間が切れるタイミングで、さらに次の死体が増員できる場所に移動し、また発動する、というのを繰り返していくことで、とんでもない人数を引率できます。主人公が移動すると死体たちは一列に並んでついてくる感じになって隊列が伸びてしまいますので、時間が切れるタイミングにあわせて一か所に密集するよう隊列を補正するのがコツです(次回のパワー発動が届くように)。あまり人数を増やしすぎると動作が重くなりますので注意しましょう。

ワールドマップ情報

中央エリアのワールドマップこちらのページです。
全体のワールドマップこちらのページです。

スカイリム攻略トップ

スカイリム総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket