スカイリム 攻略》ランヴェイグのファーストのページ。ランヴェイグのファースト(Rannveig’s Fast)はワールドマップの中央エリアにある魔術師系のダンジョンです。このページでは、ランヴェイグのファーストについて場所、関連クエスト、報酬、概要などの攻略情報をまとめています。

場所

ランヴェイグのファースト(Rannveig’s Fast)はワールドマップの中央エリアにあります。南コールドロック峠(map西)にFT出来る場合は、そこから階段を下りるとランヴェイグのファーストの入り口に到達します。この場合は、すぐ近くにエルダーズ・ブラッド・ピークがありますのでドラゴンとの遭遇に注意しましょう。

南コールドロック峠(map西)にFTできない場合は、入り口は南側にありますので、グリーンスプリング・ホロウから西に向かうか、詐欺師の隠れ家から北上するのがスムーズです。

関連クエスト

ランヴェイグのファーストは下記の2クエストに関連しています。その他、Radiantクエストのランダム選定される目的地として選ばれる可能性はあります。

草の根分けても(No Stone Unturned)

クエスト「草の根分けても」はバレンジアの石(=珍しい石)を24個集めるクエストです。詳しくはこちらのページをご覧ください。

ランヴェイグのファースト(Rannveig’s Fast)

クエスト「ランヴェイグのファースト」は、ランヴェイグのファーストに初めて来たときに自動的に始まり、ジャーナル表示もされず、知らない間に終わっているクエストですので特に意識する必要はありません。

外で透明な霊に遭遇し、シャウトを習得し、落とし穴の下でウォーロックのシルドと対決することでクエストクリアとなります。

けだものを狩るには[DG][Radiant]

ランヴェイグのファーストは、「けだものを狩るには」の目的地としてランダム選定される可能性があります。「けだものを狩るには」はガンマーから受注可能なドーンガード側のクエストで、都市の住民から引き出した情報をもとに、各地のダンジョンに潜伏しているナイトマスター・ヴァンパイアを討伐します。

血筋を守るには[DG][Radiant]

ランヴェイグのファーストは、「血筋を守るには」の目的地としてランダム選定される可能性があります。「血筋を守るには」はガラン・マレシまたはフーラ・ブラッドマウスから受注可能な吸血鬼側のクエストで、各地のダンジョンに潜伏している不良吸血鬼を討伐するという、吸血鬼が吸血鬼を始末する内容のものです。

先制攻撃[DG][Radiant]

ランヴェイグのファーストは、「先制攻撃」の目的地としてランダム選定される可能性があります。「先制攻撃」はガンマーから受注可能なドーンガード側のクエストで、各地のダンジョンに潜伏している吸血鬼を討伐するという内容です。

救出[DG][Radiant]

ランヴェイグのファーストは、「救出」の目的地としてランダム選定される可能性があります。「救出」はフロレンティウス・バエニウスから受注可能なドーンガード側のクエストで、各地のダンジョンに囚われた配偶者または友人を救出し、犯人の吸血鬼を討伐するという内容です。

報酬


概要

スカイリム 攻略 ランヴェイグのファースト

ランヴェイグのファーストの正面の入り口から中に入り、しばらく道なりに進むとすぐにシャウトカイネの安らぎ」のシャウト碑文の前に出てきます。碑文のところに近寄ると、もうちょっとというところで足元の扉が開き落とし穴に落ちます。

落とし穴の下に居るウォーロックのシルドは倒す相手ですので落ちても問題ありませんが、あとでまたシャウト習得に戻ってくるのが面倒ならば、落とし穴を避けてシャウト碑文の前まで行き、シャウトを習得してから落ちるようにしましょう。

落ちるとウォーロックのシルドとの対決です。対決後は練金器具がある机の上に、クエストアイテム「珍しい石」や破壊のスキル書「ジール城の恐怖」があります。

アイテムの回収後は東側から脱出できます。突き当りは左右に道が分岐しています。左手の階段を上るとシャウト碑文のところへ出てきます。

右手の階段を上ると外に脱出でき、ワールドマップのランヴェイグのファーストのマーカーの位置からだいぶ東寄りのところに出てきます。

ワールドマップ情報

中央エリアのワールドマップこちらのページです。
全体のワールドマップこちらのページです。

スカイリム攻略トップ

スカイリム総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket