スカイリム 攻略》キャラメイクレシピ(ノルド1)のページ。スカイリムで最も難しいと言われて久しいキャラメイク。インターネットで調べると、キャラメイクの情報もたくさんあるのですが、多くはMODを導入して作ったピカピカのキレイなキャラばかり。じゃあ、バニラ(MOD無し)だと、どこまでキレイにできるの・・・? この記事ではバニラ(MOD無し)で実現できるキャラメイクをご紹介します。キャラメイクをバッチリきめて攻略に出掛けましょう。

目次

つぎの1~6の順序で御説明してまいります。こまちゃんの宝箱のキャラメイクレシピは全て実際の設定値付きでご紹介させて頂いてます。このページ(ノルド1)の設定値は、本サイトでたびたび登場するkomaちゃん本人のキャラメイク設定値になっています。

レシピ集

レシピ集のページは こちら です。サイドメニュー(モバイルはページの下の方にメニューがあります)からも行けます。レシピ集のページにて、全種族のレシピページをまとめています。

1.スタートのヘルゲンでセーブデータを作っておこう!

ヘルゲン キャラメイク開始の瞬間

ここはへルゲン。さあゲームの開始です。馬車に揺られ画像のところまできたら、いざ!キャラメイク!この直後に主人公が呼ばれ、キャラメイクや名前の設定がはじまります。

管理人こまちゃんはSkyrimをかれこれ10周以上やっていますが、はじめの何周かはキャラメイクがしっくりこなくて、あーでもない、こーでもないと時間を費やしてばかりでした。

ゲームが進行すればリフテン(map南東)のお医者様に費用を支払いさえすれば、キャラメイクのやり直しができるようになります。でもノルド、ブレトン、といった種族、また性別までは変更できません。

やはりスタート時のキャラメイクが大事かなと思います。へルゲンで大筋を決めておく、そして、リフテンではメイクや髪形を中心とした細部を手直しする、という流れになるかなと思います。

見出しで「セーブデータを作っておこう!」と書きました。これがとても大事です。このセーブデータから開始できるようにしておかないと、毎回馬車に揺られてオープニングムービーを見ることになります。

光の当たり具合ひとつで見え方が変わってきます。キャラメイクが済んでプレイ開始したのに、すぐに手直ししたくなることも多いです。

キャラメイク→ドラゴン襲来→砦に逃げ込んで装備付ける

くらいまで進めてようやくいろんな方向からキャラメイク結果が確認できます。うーん、、、ってなったらまたセーブデータからやり直せます。なので1周のプレイでも何度もセーブデータを使う可能性があります。2周目、3周目のプレイを始める場合ももちろん、このセーブデータから開始です!

2.まず初期状態にしよう!

さて、早速キャラメイクを始めていきましょう!

今回はノルド&女性を選択しました。管理人こまちゃんの好みの話になりますが、ノルドは全種族のなかで一番美形を作りやすいかなと思います。どの種族を選ぶのか、と最初は迷うところです。毒耐性が付く等々、種族ボーナスが適用されますので。

でも、キャラがいずれ育ち、自作の装備が揃う頃には種族による違いはさほど感じられなくなります。キャラ成長後も特殊能力を使っていきたい!というなら別ですが、一番影響する部分はやはり「見た目」かと思います。

キャラメイク 初期状態

画像は、全てのゲージを初期値に設定したときのものです。(初期値と呼んでいるのは管理人こまちゃん個人の呼び方の話です。システム上、初期値設定にするオプションがあるというわけではありません。)

  • 種族 → ノルド
  • 体>性別 → 女
  • 補正値の項目(長さ・高さ・幅・位置・深さ、の項目18項目) → 全てセンター
  • 種類を選択する項目(上記以外の27項目) → 全て左端

という内容で、ひとつひとつ手動で合わせると画像のような見た目の状態になります。全ての設定を初期値にすることで、画像のようなプレーンな感じの見た目になります。化粧も全て落とされています。

ちなみにどのプリセットを選んでも、それ以外の項目を全て上記の「初期値」に合わせると同じ見た目になります。つまりプリセットとは、メーカーのベセスダ様が、設定値を組み合わせてバランスが取れるようなパターンを幾つか作ってユーザーの皆様に提案してくれた機能、といえます。

3.大きい部品を決めよう!

キャラメイク 大きい部品

次に大きい部品を決めます。具体的には目と鼻と口です。この3つの形状やバランスでキャラの雰囲気が決まってきます。

レシピ

  • 鼻の形(5) 鼻の長さ(1)
  • まぶたの形(12) 目の高さ(1) 目の幅(16)
  • 口の形(18) 口の高さ(12)

に設定したのが上の画像の例です。(5)や(1)といった数字は設定ゲージの左端を1としたときの設定値を示しています。例えば口の形(18)というのは18種類選べる「口の形」の設定ゲージの18番目、つまり右端を選んでいる状態になります。

目の高さ1というのは、ゲージの左端、つまり極限まで低い位置となる設定です。また、目の幅16は目と目がだいぶ離れる設定ですし、口の高さ12というのはかなり口が高い位置にくる設定です。

使いたい目と鼻と口(3点セット)の種類をまず決めましょう。そして、その3点セットの配置(高さ・幅・長さ)を合わせ込みましょう。バランスの取れた配置場所がきっとあるはずです。豪快にゲージを変更してみて探しましょう。

コツとしては、①鼻は長め ②目は低め&離れ気味 ③口は高め の設定が美人な感じになると思います。(管理人こまちゃんの個人趣味が濃いですが…)

3点セットにおいても、鼻は長さが設定可能なものの、位置を変えることはできませんので、まず最初に置く。そして鼻に合わせて、目と口の位置を調整していく。という方法がやり易いのではないでしょうか。

ちなみに画像で、マウスカーソルが顔の上にあることに気づきましたでしょうか?キャラメイク中の顔の上で左クリックしてぐりぐり動かすと顔の向きを変えることができます。正面から見て、そして左右や上下からも見てみて、見た目の確認をしましょう。

この3点セットこそがキャラメイクの軸になってきます。


4.顔の各部品の補正

残りの部品の設定を行います。残りの部品は大きく分けて2つのグループに分けて考えます。1つは顔の各部品の補正、もう1つは化粧や髪型です。2種類はこの順番で設定します。まず顔を決めて、次に化粧等を行う、つまり、だんだんと細かい所の設定に向かうイメージです。

キャラメイク 各部品の補正 変更前と変更後

サンプルの画像は、変更前と変更後を並べたものです。違いがわかりましたでしょうか?眉の形を変更したのと、顔の輪郭が丸っこくなるような変更を行いました。

言われてみれば変わったかな・・・という程度の違いでしかありません。目、鼻、口といった大きな部品を変更したときは見た目がドラスティックに変化しましたよね。でも本章でご説明する部品については設定変更を行っても、この程度の変化しか表れません。あくまで補正的な位置づけの部品ばかりだからです。

レシピ

  • 眉の形(8) 眉の高さ(9) 眉の幅(4) 眉の位置(9)
  • 鼻の高さ(5)
  • 顎の幅(16) 顎の高さ(7) 顎の位置(21)
  • 頬骨の高さ(3) 頬骨の幅(17)
  • 目の深さ(15)
  • 口の位置(16)
  • 下顎の長さ(4) 下顎の幅(15) 下顎の位置(12)

注)数字は設定ゲージの左端を1とした場合の、設定ゲージ位置です。例えば(5)なら左から5番目の位置に設定されています。

実は変更前と変更後で、こんなにたくさん設定が変わっていたんです。

キャラメイク 各部品の補正 変更前と変更後 横から

横向きの画像です。おなじく、設定前と設定後の画像を並べたものです。

5.化粧や髪形の設定

キャラメイク レシピ バニラ ノルド 女

残りの設定は、肌の色・化粧の設定、そしてヘアースタイルになります。個人の趣味が一番が色濃く出るところだと思います。色々変えてみて楽しみましょう!!

管理人のこまちゃんの設定例をご紹介しますと・・・

レシピ

  • 目の色(5) アイシャドウ(6) 目尻の色(3) 下まぶたの形(5)
  • 頬の色(2) 頬の下の色(2)
  • 鼻の色(2) 下顎の色(2) 額の色(2)
  • 唇の色(4)
  • 髪(9) 髪の色(6)

というレシピ内容です。画像は設定後の正面からと横からを並べたものです。そしてキャラ名はkomaとしました。komaちゃんは出陣します!でもとりあえず目の前のドラゴンから逃げますね~

6.周囲の明るさによる、見え方の違い(参考資料)

へルゲン脱出中に記念撮影

キャラメイク 見え方サンプル ヘルゲン

無事リバーウッド到着にて記念撮影

キャラメイク レシピ バニラ ノルド 女

ウ大入学祝いにて記念撮影

キャラメイク 見え方サンプル ウィンターホールド大学

レシピ集

レシピ集のページは こちら です。サイドメニュー(モバイルはページの下の方にメニューがあります)からも行けます。レシピ集のページにて、全種族のレシピページをまとめています。

スカイリム攻略トップ

スカイリム総合目次こちらのページです。モバイルの方はページ最上部のメニューから、PCの方は画面左のサイドメニューからもアクセスできます。
こまちゃんの宝箱を検索でお探しのキーワードについて当サイト内を検索できます。モバイルの方はページ下方に、PCの方は画面左のサイドメニューに検索窓がありますので、是非ご活用頂ければと思います。

Pocket